老犬LOVERS♥明るい老犬介護~柴犬もも20歳・お空組~

20歳5カ月で旅立った柴犬ももとの暮らしを振り返りながら、11歳のボーダーコリー★シャインの健康管理にまつわる様々な情報発信をしたいと思います。

20200102駅伝

王子、はじめての箱根駅伝です。
いや…混んでました、道が。

かわいそうに、本人は久しぶりに飼い主との遊びを期待しつつ歩いていたのに
すれちがう小さい子に吠えられて
しっぽが下向き・・・・好戦的なタイプではないので
私のうしっろに隠れてしまいます。

そして観戦後は、浜辺へ。

20200102砂浜


ここもまた大混雑。

とぼとぼと帰宅し、王子はお昼寝タイムです。

20200102寝顔

最近はこんなふうに目を少し開けたまま爆睡。

リラックスしているのが分かって
本当にうれしいです。

そして目が覚めたら飼い主を独占しようと
いろいろと悪さをしたり
かまってちゃん!らしさを発揮します。

20200102邪魔する

特に本を読んでいる飼い主が好物で
本を舐めたりもするし
踏んづけたり
まあ考えられるいたずらはほとんどしています。

これもまた我が家の子になった証と
はい、親バカですね。

うれしいです。



おとなになって、飼い主が変わる。

それが犬にとってどんなものか。

王子は言葉が話せないので教えてはもらえませんが

できる限り愛情を注いで
さみしい思いをさせないよう
ベストを尽くす。


オヤジ亡きあと、王子の存在が
どれだけ年老いた母を支えてくれているか。

本当にかけがえのない家族になりました。


12月のはじめ、シャインが嘔吐&下痢をしました。
1年に1度あるかないかのことなので
大事をとって獣医さんに。

とりあえず「吐き気止め」の注射で様子見です。

落ち着いたのでそのまま経過観察していましたが
1週間してまた嘔吐と下痢。

そこでしっかりチェックすることに。
うんち&血液&レントゲン&エコー等々
フルコース8万円ほどの検査です。

20191231アレルギー
20191231検査

原因を一つずつ、つぶしていきながら
怪しいものをピンポイントで探る感じですが
今はまだ大丈夫だけれど
食物アレルギーによる可能性が高いため
アレルギー除去食を試して安定するようなら
それがよいということで
以前、本の取材でも調べたものを導入しました。

20191231フード

1週間
2週間
1か月

本当に安定して、安心していられます。

今度同様の症状が出たら
また同じ検査をするのでしょうが
それもまた老犬飼いならではの醍醐味と
理解しています。


ちなみにアホ馬鹿な飼い主は獣医さんに
「ももは最期まで同じフードでよかったのに
こんなことあるんですね」って呟いてしまいました。

獣医さん、笑顔で
「だからももちゃん、長生きしたんだよ」だって。

そりゃそうだ。

20歳5か月
亡くなる直前まで、獣医さんに選んでもらったドライフードを
かしかし食べていたんですものね。

口から食べるもいのは
本当に大切です。

フードで迷ったら
ぜひ獣医さんに相談してみてください。
なんらかの解決策を
提案してくれると思います。







私は子供のころから読書が好きで
活字中毒と言ってもよいレベルです。

ももねーさんやオヤジの介護で大変な時も
本棚にある軍事小説を読んでいたし
心が折れそうなときは
極悪人がでてこない時代小説を読んでいました。

動物の本と時代小説、登山小説だけを集めた
図書館を開きたいと思っていますが
今はまだ・・・
ただただ好きな本を読んで
本棚にため込んでいる感じです。

昨年末、月に一度の本やパトロールの時に
偶然見つけた時代小説につけられたポップが
なんだかぐんと心に響いて
2冊まとめて購入。

たぶんふだんだったら手にしない装丁なんですが
なんでかな。

宮本紀子本

そして帰りの東海道線で読み始めたら
もう止まらない。
その日のうちに2冊とも読んでしまいました。

主人公の姉妹の可愛いこと
着物の描写が丁寧なこと
そして日常描写があたたかくって、ホッとできること。

こんな感覚は
宇江佐真理さんの「髪結い伊三次」シリーズを
読んで以来です。

宮本紀子さんという作家さんで
本を書き始めたきっかけ
サイトにありましたので紹介しますね。

読んでいただくと
共感できることがたくさんあるはず。
だからと言って
小説というかたちに昇華することができるのは
やはり素晴らしい才能があってのことだと思います。

この本の前に出版されたものも入手。
これはお正月の楽しみに
ちびちびと読んでいます。

・・・・・・

と、こんな感じで読んだ本の紹介などを
今年は紹介したいなと思っています。










このページのトップヘ